尺鮎って皆さんのあこがれでしょうか? 100匁鮎とどっちが良いのかな?
尺鮎を初めて釣ったときのことです。
釣行記 初めての尺鮎 

r e t u r n

鮎釣り師あこがれの尺鮎、一尺は30.303cmだけど30cmを超える鮎を尺鮎と呼んでる方が多いですね。 また、百匁鮎は実際375gなのだけど僕たちの周りでは400gを超える鮎を指す場合が多いです。

尺鮎を初めて釣ったのは高校の時だから今からどれぐらい前になるか?ψ(`∇´)ψ ウケケケケ
釣行記風に昔を思い出して書いてみます。 それでは始まり始まり(^^ゞ

高校の2年の時、その当時オトリ鮎はまだ300円ほどだった。養殖鮎はどこにも売って無くて全て掛けた鮎を売っていました。 その当時でも吉野川はオトリ鮎がメチャ高くて500円はしたのです。

とある夏休み、友達と一緒に友釣りに行きたくて案を練っていると親父が吉野川の上流へ用事があるから一緒に行こうか? 用事の間早明浦ダムの下流で釣りやっていたら良いぞって言うので即答OK
このとき竿はDAIWAの流葉7.2mだった。カーボンロッドはまだ発売してなかったね。シマノの時雨という竿がほしかったけどお小遣いで買えない値段だった(ーー; 曳舟は当時誰も使ってなかったなぁ。 玉網も27cm位の袋玉だった。 友達も似たような道具でした。

吉野川だけじゃなく気になるのがオトリが無くなったらどうしようと言うことが最大の問題でした(^^ゞ だってへたくそだし、特に吉野川は巨鮎で切られるのが心配でした。 そこで早明浦ダムの下流でオトリ店をやっている店のすぐ下で竿を出すことに決定(^^ゞ 

オトリ鮎を買ってすぐ下で釣るからって店の人に言うと頑張って釣りなさいの答え? だって買ったオトリ鮎は26cmは有るようなでっかい物ばかりだったヾ(@^▽^@)ノわはは ちなみにオトリを食べたかったのは言うまでもないぞ(^^ゞ

オトリは2人で4匹買った。切れたら又買いに来るからねって(ーー; 早々釣り開始!
仕掛けは天井糸と水中糸の通しで1.2号、オモリは5号迄持っていた。釣り針はエズリの8号3本錨。ハリスは1.5号 ハナカンはフック式。当時の吉野川での普通の仕掛けでした。
オトリ缶から玉網にオトリを出すのが恐ろしくて、だって普段釣っていたのは大きくても24cmまでだったしね。やっとの事で玉網に出したが今度はハナカンを通すのに。。。。。参った。
仕方ないので友達とず〜と丘の方に上がり自分がオトリを両手で持ち友達にハナカンを通してもらった。この日は一日中どっちかがハナカンを通していた(ーー;

支度が出来て二人一緒ぐらいにオトリを出したら同じように鮎が掛かってきた(^・^) 掛かり鮎はオトリと同じぐらいのサイズで手こずるのなんのって。良くも切れなかったと今でも思う(^^ゞ 無事に二人とも取り込むことが出来たがその後は悲惨だった。 切れるは逃げるは竿は折れそうにひん曲がるし。

お昼頃までに同じようなサイズを全部で3匹ほどしか釣ってなかったと思う。掛けても掛けても逃がしたぞ。
お昼ご飯はお弁当とオトリ屋さんで買ったパンとか。これがおいしかったのは今でも覚えてる。

3時頃になり一気にひっしゃくって来たのは見たこともないとてつも大きい鮎だった。1.2号の糸がキンキン鳴っていたのを覚えてる。かなりの時間を費やしてやっと取り込んだ。その場で計測できなかったので丸缶(当時の僕のオトリ缶)へ入れたが鮎が曲がったままでなんか恐ろしかった(^^ゞ
このとき取り込んだ鮎は帰って計測したら32cm。この日30cmオーバーは3匹いた(^○^)
友達も一匹釣っていた。

4時頃親父が迎えに来てくれてオトリ屋のおじさんに挨拶して帰ったけどそのオトリ屋のおじさんがお昼にお菓子と饅頭だったと思うけど差し入れしてくれたのは凄くうれしかった。

その後しばらくは尺鮎は釣ることが出来なかった。